トップページへ戻る
2019年10月1日
   
第八回(通算)江戸探訪の会、例会開催のご案内です。
      2019年度(令和元年)第二回目の江戸探訪の会は、「江戸の華 六花街の芸者衆の踊りと幇間芸を楽しむ」会です。
   会場は神田明神境内の文化交流館。今も東京に残る、芸妓衆の踊りや幇間芸を鑑賞し、花柳界に伝わる伝統芸能とおもてなしの
   心を、和食膳と共に楽しみます。
芸妓衆の踊りに続き、現在は日本に6名しかいない幇間の一人・櫻川八好氏による楽しい幇間
   芸をお楽しみ頂けます。また、ショーの終わりには、ステージのお座敷に上がって芸妓さんと「お座敷遊び」を体験したり、
   芸妓さんたちと記念撮影が出来るコーナーもあります。
文化交流館見学の後は、神田明神・湯島聖堂などをご見学下さい。
   是非会員各位のお申込みをお待ちしております。尚、参加者受付は先着40名限定とさせて頂きますので、お早目のお申込みを
   お願い致します。定員になり次第締め切りと致します。 

    六花街 :今も東京に残る新橋・赤坂・芳町・神楽坂・浅草・向島の花街
    幇間(ほうかん、たいこ)お座敷などの酒席で自らの芸をみせたり、芸者・舞妓を助けて場を盛り上げる歴史的に男性の職業。

          ◆開催日  :2019年11月27日(水)《雨天決行》

          ◆集合   :時間 11:30(時間厳守) 

                :場所 神田明神 文化交流館前 






























2019.9.30-作成 長尾